前へ
次へ

セックスにも実は相性が合った?!相性が良い14個の特徴!

異性の匂いや肌質など前回は体に関することをお伝えしました。
今回は時間に関するセックスの相性についてお伝えしようと思います。
5.セックスをしたくなるタイミングが一緒
実はセックスをしたくなるタイミングが一緒というのは体の相性がいいということです。
科学的根拠はないですが、例えば自分はお風呂に入る前にセックスをしてそのあとにお風呂に入りたいと考えているとします。
しかし、異性は汚い体のままセックスをするのは嫌だからお風呂できれいにしてからセックスをしたいと考えています。
一見、その日その日で決めたらいいのではないか?と思いますが、カップルにもよりますが将来的に見るとこれも相性が良くない傾向があります。
実際にセックスをしたいと思うタイミングが違うということで相性としては良くないというこことになります。
したいと思うタイミングが一緒というのは、例えば夜寝る時今日セックスしたいなと思ったら実はその時異性も同じように思っているのがセックスの相性が良いということになります。
ですが、お互い仕事で疲れたなどでその日の体調でかなり左右されてしまいがちなので毎回同じタイミングでというわけではありませんが、定期的に今日セックスしたいなと思ったタイミングで異性も乗り気であれば、それは同じタイミングでセックスをしたいと思っており結果、セックスの相性としては良いということです。
6.前戯(手マンやクンニなど)の時間がちょうどいい
セックスの満足度の大部分を占めると言ってもいいほど過言ではない「前戯」。
これを充実させるのか手抜きをするのかで女性の満足度が大きく変わります。
女性全員が、手マンやクンニが好きと思っている男性はいませんか?いたら、御法度です。
女性の全員が手マンやクンニが好きというわけではありません。
何かしらのコンプレックスを女性が抱えているならば、その部分を執拗に攻められるのはあまりいい気分ではありません。
例えば、フェラをされるのがあまり好きじゃない男性がいたとして、でも彼女はフェラをするのが好きでしたいというからしてもらったとしても男性としては気持ちよくないことをされてもあまりいい気分ではありませんよね。
そして、前戯の好き嫌いと一緒にその時間も大切です。
前戯が長すぎると女性の性器が乾いてしまったりして、痛がったりすることがあるからです。
また、前戯が短すぎたりすると今度は挿入するときに十分に塗れていなくて入れにくかったりします。
なので、女性の感じ方や濡れ具合から男性は前戯にかける時間をある程度コントロールする必要があります。

Page Top